切迫早産入院はコープ共済たすけあいの女性特約が適用される?請求方法も。

こんにちは、ひなたです。

私は今のところの人生で大きな怪我も病気もなく、入院をしたことがありません。
…でしたが、この度ついに入院をすることになったんです。

病名は、切迫早産。

まさか自分が!?という思いと同時に、保険入っててよかった~!とも思いました。
ええ、そりゃもう、主婦ですから。

私が入っていた保険は2つで、「県民共済」と「コープ共済」。

そのうちの「コープ共済」は本当に入っていてよかった!と思いましたので、何が良かったのかを私の経験を交えてお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

切迫早産でまさかの入院!?コープ共済に入っててよかった!

私がコープ共済に加入したのは、そもそもコープを利用していたから。

結婚して、保険って入っておいた方がいいよな~と漠然と思って、その時に単純に「月々安いし!」と安易に決めたのがコープ共済でした。

コープ共済に加入するには、コープ(生協)の組合員になっていることが条件です。
そのため、組合員でない場合はコープ共済のために組合員になる必要があります。

>>生協の宅配サービス「コープデリ」って?

女性特有の病気に手厚いコースがある

コープ共済の入院や通院保障の「たすけあい」というプラン。
こちらには「たすけあい 女性コース」という女性だけが加入できるコースがあります。

女性コースは女性特有の病気での入院、通院だった場合には共済金がプラスされるというもの。

女性特有というと、特に可能性として多いのが妊娠、出産にまつわるものですよね。

私が加入した当初はまだまだ妊娠なんて考えてもいなかったのですが、もし帝王切開とかになったら少し多くお金がもらえるんだな!くらいの考えで、この女性コースを選んだのでした。

たすけあい女性コースは掛け金も安い

たすけあいの女性コースは掛け金が2000円と4000円の二種類があります。

私はもちろん、入院なんて自分がするはずがないと思っていたので2000円のコース。

この月々2000円のコースでも、入院保険は日額5000円入院1日目から発生します。
さらに入院理由が女性特有の病気であれば日額3000円がプラスされるというもの!

もちろん、もっと手厚い保険も世の中にはたくさんありますが、子育て世代の収入だとなかなか手厚い保険をかけていられないということもありますよね。

保険にかかるお金で生活苦なんて本末転倒です。

最低限の保険さえあれば、万が一の入院の時に少しでもお金が出るだけでかなり違います。

家計にダメージを与えない保険であって、かつ入院の1日目から共済金が出るというのは本当に助かりますよ。

コープ共済たすけあいの女性特約は切迫早産が適用されるの?

私の入院の理由は「切迫早産」。

入院中の私の姿はパジャマ姿で点滴につながれ、基本は安静なので割と寝たきりというTHE入院患者ではありました。

でも自分としては身体が弱っているわけでもないし、むしろ元気はあるのに動けない。
入院前日までは息子と走り回って遊んだり、掃除や洗濯や買い物もバタバタとやっていたわけですから。

だから切迫早産って、病気じゃないよね?

”病気入院”ということになるの??

と、そこが疑問だったんですね。

スポンサーリンク

切迫早産での入院は女性特約の適用です

コープ共済の人に電話で問い合わせてみました。

結論から言うと、切迫早産は女性特約の適用になります。

たすけあいに指定されている女性特定疾病の中に「主として妊娠に関連するその他の母体障害」という項目があります。

それが切迫流産、切迫早産などによる入院ですね。

そして、健康保険の対象になる治療が含まれている入院に関しては、共済金が支払われるということでした。

吸引分娩、鉗子分娩でも適用

ちなみに、普通分娩では健康保険の対象にならないため、共済金は出ませんが、分娩中に吸引分娩や鉗子分娩になってしまった場合は共済金が出るようです。

吸引分娩や鉗子分娩も、医学的にこのまま分娩を進めたら危険だと医師が判断した場合に行われる医療行為となると、保険扱いになります。

そのため、吸引分娩や鉗子分娩になってしまった際には、退院時に産院からもらった領収書などを確認し、保険適用になっていた場合には問い合わせてみるのがよいでしょう。

コープ共済の請求方法はこんなに簡単だった

コープ共済では病院の領収書のコピーがあれば請求ができます。
診断書などを別途書いてもらう必要はありません。

請求の際は電話で申し込めば近日中に請求の用紙が送られてきますので、記入、押印をしてポストに投函するだけ!

私の場合は、日曜日に郵便局のゆうゆう窓口から返送用の封筒を送り、その週の金曜日には共済金が振り込まれていました。

簡単〜!!
早い〜!!

ちょうど固定資産税の支払いがあったから支払いが早くてとっても助かりました♪

まとめ

保険というと何に入ればいいかわからなくて、とりあえず手厚いものや有名なものに入っておけば…なんていう人も多いかと思います。

コープ共済は手厚いわけではないものの、掛け金も手軽な金額で、かつしっかりとした保障ではあるので、若い世代にはちょうど良いのではないかと。

特に女性ならではのコースがあるのは、いざというときに心強いですよ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする