キャラチョコでポケモンケーキ!ゲッコウガの青色はコレがいい!

こんにちは、ひなたです。

巷ではバレンタインだなんだと騒がれておりますが、うちはその前に息子の誕生日があります。

4歳になったうちの子が現在モーレツにハマっているのがポケモンで、その中でも”今”ハマっているのが(好きなポケモンがコロコロ変わるのでw)ゲッコウガというポケモンなんですね~。

キャラチョコでポケモンケーキ!ゲッコウガの青色はコレがいい!

そこで、ポケモンで育った元祖ポケモン世代のワタクシが、本気でポケモン”ゲッコウガ”のキャラチョコを作るというこの企画っ!

結構本気でやってみたので、ご興味のある方はぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

本気のキャラチョコ、ポケモン編。

キャラチョコ自体はちょこちょこ(あ、ダジャレじゃないですってば)作っていまして、なんとなく「こうすればいいんでしょ~」的なことは把握してはいました。

でも、基本的にはチョコペンを使っていて、あんまり細かいイラストや小さなものは作ってこなかったんです。

なのに今回作らなければならないのはゲッコウガ。

ディテールが細かいんだな~これが。

ピカチュウだったらよかったのに。。。

しかも、直前になって準備をしだして楽天で材料を注文したりしたもんだから、材料の到着が息子の誕生日当日の午後っていうすごいギリギリな時間に…。

これは失敗できない…、と脳内シミュレーションを何度も繰り返していざ実践!

クッキングペーパーよりもおすすめなアレとは!?

キャラチョコを作る時に台紙として使用することの多いクッキングペーパー(クッキングシート)。

確かにツルッとしていて剥がしやすく、私も今までずっとクッキングペーパーを使っていました。

ですが、今回やってみて見つけたクッキングペーパーよりも使い勝手の良い台紙が…

ジップロック!!

IKEAのやつを使いましたが、ある程度厚みがあればなんでも良いと思います。100均でもね。

キャラチョコでポケモンケーキ!ゲッコウガの青色はコレがいい!

ジップロックに下絵を入れてセロハンテープで固定します。

クッキングペーパーだと透明度が足りなくて、細かいイラストを描くのには不向き。

しかもクッキングペーパーってなんか丸まりやすくて、チョコで絵を描いているうちに紙が丸まってきちゃったりすることも。

クリアファイルなんかもいいな~と思いましたが、うちには綺麗なクリアファイルがなかったので断念。ジップロックにしました。

細い線は竹串がベスト

チョコペンだと線の細さに限界があります。

つま楊枝で描くって人も多いようだけれど、私はあんな短いものでは厳しいな~と思いまして、竹串を使いました。

ちなみにチョコは普通の板チョコ。
実際に輪郭などだけなら一欠片で済みます。

小さな器に熱湯を注いだら、上にラップをして、その上にひとかけのチョコを乗せます。

そうするとすぐにトロッと溶けてくれるので、あとは竹串に絡めながら下絵に沿って描いていきます。

チョコが固まることはなかなかないですが、硬くなってしまったら器のお湯を変えましょう。

この方法は、器に直接チョコを入れるより洗い物が面倒くさくなくて良いですよ。

キャラチョコでポケモンケーキ!ゲッコウガの青色はコレがいい!

縁取りができました。

キャラチョコでポケモンケーキ!ゲッコウガの青色はコレがいい!

こんな感じでちょっとモリッとさせてます。
慣れてくると結構スムーズに描けますよ^^

キャラチョコ”ゲッコウガ”に必要な青色はどうする?

で、今回悩んだのがゲッコウガの青色。というか紺色?

チョコの青とか紺って、結構悩む人多いみたいですね。
だってそもそも、人間界に青い食べ物ってあんまりなくね?

青って言っても、ミジュマルみたいな水色なら比較的見つかりやすいんですが、濃い青というか紺色って感じの青はなかなか見つかりません。

でもね、あったんですよ。
濃い青、紺色のチョコペン。

キャラチョコでポケモンケーキ!ゲッコウガの青色はコレがいい!

ダークブルーだそうです。
アメリカ製とあって本当にすごい色です。笑

ちなみに横のパウダーはチョコレート用の赤の着色料。
市販のチョコペンだとピンクはあるけど赤ってなかなかなくて。

でもサトシゲッコウガはお顔の真ん中にある赤がポイントじゃない?

なのでホワイトチョコに着色料を混ぜて赤チョコを作るためにこちらも購入。

参考までに。
今回購入したのがこちら。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

CK キャンディライター ダークブルー
価格:470円(税込、送料別) (2018/2/7時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

チョコレート用着色料/レッド
価格:620円(税込、送料別) (2018/2/7時点)

チョコペンは電子レンジでチンして溶かすのでとっても簡単。

そのままペンでも使えたけれど、ダークブルーをベースに水手裏剣とかの水色を作りたいというのもあって、ラップに出して竹串で塗っていきました。

残ったダークブルーの塊はなんだかそのままだと食べる気にならず…(おい)

ほんと、そのくらいすごい色の再現力なんだってば。

赤パウダーも使いやすくて、結構しっかりと赤いチョコが作れたから個人的には大満足でした。

完成したゲッコウガキャラチョコを乗せたケーキがこれ!

キャラチョコでポケモンケーキ!ゲッコウガの青色はコレがいい!

息子も大喜びで、それはもうものの数秒でゲッコウガはかじられました。
1時間くらいでマッハで作ったけど、なんとかなってよかった^^

まとめ

ゲッコウガに限らず、キャラクターのチョコプレートを作ろうとした時に赤とか青とかって必要になってきますよね。

やっぱりチョコペンでサクッと作るのが一番手っ取り早くて簡単ですが、チョコペンがなくてもチョコレート用の着色料で意外と簡単に作ることができました。

食紅もあるけれど、チョコレートは油性なのでやはりチョコ用の油性に特化した着色料の方が色づきは良いです。

キャラチョコ作り、やってみるとハマりますよ〜!

スポンサーリンク