台風で車に傷をつけない為の対策!万が一の被害には保険がきくの?

こんにちは、ひなたです。

日本は台風の通り道になることが多い国。

狙ったかのような弧を描いて台風が日本に向かってくる様子は天気予報でもよく見掛けます。

台風で車に傷をつけない為の対策!万が一の被害には保険がきくの?

台風がくる!となると、心配になるのが駐車場に停めてあるマイカー。

飛来物や倒木など、台風による車の被害例は多岐に渡ります。

そこで、青空駐車で保管している車を台風の被害から守るためにできることや、もし被害に遭ってしまった場合の対応をご紹介します。

スポンサーリンク

台風接近!車に傷をつけないために

台風が接近している!となると、仕事には行けるかな…電車止まらないかな…。

とかそんなことを考えがちですが、その前に!自宅の台風対策もしっかりしましょうね。

特に不安なのが自宅や自宅近くの駐車場に停めてある車。

高価なものなので、飛来物や倒木などの被害にあったら、たまったもんじゃありません。
自然災害は避けられないのも事実です。

立体駐車場に停めていれば安心ですが、自宅の駐車場や月極駐車場が青空駐車という人も多いはず。

そういう場合は、車にシートをかぶせましょう。
車用のカバーなどもあるので、そういったものを利用するのも便利です。

ですが、そのままカバーをしただけだと強風で飛ばされてしまいます。
しかもカバーが風でバタバタと何度も車と擦れたりすると、それも車への傷の原因になるので要注意。
しっかりとカバーを固定しておくことが大切です。

大きな台風が来るという時は、毛布や厚めの布を車にかけてテープなどで固定し、その上からシートをかぶせましょう。

アンテナはしまうか、取り外しをするパターンのものは外しておきましょう。

台風による車の被害対策

飛来物がなくても、突風で車がひっくり返るということも考えられますよね。
そんな重たい車が!?と思うかもしれませんが、実際にあることなんです。

車が停めてある駐車場の環境によっては、台風が来る前に移動させた方が安心できる場合も多いにあります。

屋内駐車場に移動させる

しっかりとした立体駐車場に停めておくことが一番安心できることなのですが、マンションでもない限り、自宅の駐車場が立体駐車場ということはないですよね。

もし近くに大型スーパーなどがあるようなら、移動させておくのも手。

駐車料金がかかる場合もありますが、車が被害を受けて修理代がかかることを考えれば安く済みますよね。

地下駐車場は注意が必要

マンションなどでよくあるのが地下駐車場ですが、こちらは風の影響を受けることがないので安心と思われがちです。

もちろん飛来物などの心配もないですが、実は冠水の可能性があるんです。

地下鉄などでも大雨で冠水したりしていますよね。

なので、地下だからといって雨の被害がないかというと、そういうわけでもないんです。

スポンサーリンク

台風による車の被害には保険がきくの?

台風が去った後、車に傷が付いていた!!なんてことになったら、気になるのが修理代。

自動車を持っている人であれば自動車保険には加入されている人が殆どでしょう。

ですが、一口に自動車保険と言っても加入している保険内容によって、補償対象は変わってきます。

台風での被害が補償されるのは車両保険

「車両保険」をご存知でしょうか。
車両の保険のことで、自動車保険の中でも車そのものの損害を補償してくれる保険です。

この車両保険は任意加入になる上、保険料が高くなりがちなので、加入していない人も多くいるのが現状です。

ですが、車両保険で天災による被害を補償できるんです。

日本は自然災害の多い国でもあり、地震や風水害などは頻繁に起きていますよね。
そんな日本ではいざという時に車両保険が役に立ちます。

ただし、注意しなければならないのは、天災にも車両保険の補償対象になる場合とならない場合があります。

一般的な車両保険の免責事項となる天災

・地震
・噴火
・これらによる津波

です。

ですので、今回の台風では補償範囲に入っているんですね。
う〜ん、なんともややこしい。

車両保険を使うべき?等級がダウンするのでは?

台風による被害に車両保険を使った場合、翌年の契約での等級はどうなるのでしょうか?

以前は「等級すえおき事故」というものが設定されていました。

これは、翌年の契約で等級が下がることなく、現契約と同じ等級が次の契約でも適用される事故のことです。

火災や盗難、いたずらなどもそうで、これに台風での損害も入っていました。

運転者の無過失の事故ということですね。

ですが、これらが1等級ダウン事故としてカウントされることになりました。

そのため、台風での損害に対して車両保険を使った場合、翌年には1等級ダウンになります。

かといって、これがもったいない!と言って申告しないよりも、保険屋さんに「保険を使った場合に翌年の保険料がどのくらい変わるのか」というのを試算してもらい、それから保険を使うか実費で修理するかを決めるというのも良いでしょう。

まとめ

台風の季節になると毎週台風が来たりもします。

逆に台風が多いと危機感も薄れていきがちですが、前回の台風で何事もなくても次の台風が同じ規模とは限りません。

台風は予測できるものなので、来るということがわかったらしっかりと対策をしておきましょう。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする