隅田川花火大会を汐入公園で見る!場所取りのコツと混雑状況は?

こんにちは、ひなたです。

例年たくさんの人で賑わう隅田川花火大会。
会場周辺の場所取りは前日や、もっと前から行う人もいるほど白熱しています。

いや〜、そこまではできないし、多少遠くてもいいから座って見たいな〜。

あるあるですね〜。

隅田川花火大会を汐入公園で見る!場所取りのコツと混雑状況は?

少し遠くても綺麗に見えると有名な場所でおすすめなのが「汐入公園」です。

スカイツリーと花火を一緒に見られるとあって、年々人気が増していますが、会場周辺に比べれば空いている穴場でもあります。

そこでこの公園の中でも花火の見える絶景ポイントや、比較的空いているエリアなど、カップルや子供連れにも安心な場所をご紹介します。

>>【関連記事】隅田川花火大会は大横川親水公園から見える!場所取りするならオススメの所は?
>>【関連記事】隅田川花火大会は大横川親水公園から本当に見える?AR写真で検証!
>>【関連記事】隅田川花火大会に車で行く人必見!狙い目の駐車場を教えます。
>>【関連記事】隅田川花火大会2018の有料席予約が開始!急いで申し込もう!
>>【関連記事】隅田川花火大会のスカイツリー&花やしき予約抽選チケットの申込方法

スポンサーリンク

隅田川花火大会は汐入公園から見える?

まず、今年2018年の隅田川花火大会の詳細はこちら。

2017年 隅田川花火大会日程

大会日時 2018年7月28日(土)
※小雨決行

大雨の場合 翌日の7月29日(日)に順延

実施区域(打上場所)
第一会場  桜橋下流~言問橋上流
第二会場  駒形橋下流~厩橋上流

隅田川花火大会実行委員会事務局
〒130-8640
東京都墨田区吾妻橋1丁目23番20号
電話番号 03-5608-1111(代表)

隅田川花火大会には第一会場・第二会場があります。
このうち、汐入公園から見えるのは第一会場の花火です。

第一会場の見どころである花火コンクールは毎年テレビ中継もされ、見ごたえは抜群。
日本で最高峰の技術をもつ花火師の方達が、技を競います。

汐入公園はこちら。

この汐入公園から隅田川の花火を見ようとすると、それなりに距離があるのであまり迫力があるわけではありません。

汐入公園から見た隅田川花火大会はこんな感じ。

この動画は会場から距離のある方の土手からの撮影かと思われます。
もっと手前の土手から見られれば、もっと花火も大きく見えますよ。

この場所はスカイツリーと花火を一緒に楽しめるとあって、撮影をしたい人が集まっています。

もちろん遠いといっても、音もちゃんと聞こえますし、花火大会の雰囲気を十分に楽しめますよ。
それでいて激混みというわけでもないなら、落ち着いて花火を楽しみたい人にはぴったりの場所です。

汐入公園で場所取りするなら何時に行くべき?

汐入公園が隅田川花火大会の穴場スポットだという情報はかなり出回っているので、穴場とは言ってもそれなりに混雑します。

ですが汐入公園は広い公園なので、公園内のどこで花火を見るかによって、場所取りをする時間が変わってきます。

会場周辺よりも混雑していないというだけで、人気の場所は早い時間から埋まってしまいますので、しっかり下調べをして隅田川花火大会に臨みましょう!

人気の場所は昼頃までに

汐入公園と言えばの芝生の土手の所なんですが、この場所は撮影をしたい人からも人気のある所ですので、まず最初に埋まってしまいます。

みんなシートに座って花火を見たいですからね。

東京都立産業高等専門学校の東側にあたる場所(地図上の緑のマーク)が、花火の綺麗に見えるポジションです。

そのため、この場所が希望であれば一応昼頃には現地に到着しておきましょう。

またここは土手なので坂になっています。ですのでシートが飛ばされないように固定できた方がよいです。

みなさんガムテープなどで固定されていますので、土手に場所取りをするならばガムテープも持っていきましょう。

スポンサーリンク

15時以降でも空いている場所がある

バーベキュー広場の横にある展望広場や芝生広場など、場所によっては15時以降でも空いていたりします。

特にカップルなら、2人分くらいのスペースはスキマを探せば意外とあったりします。

あとは展望広場から浅草側の公園内なら、結構花火が見える場所があります。

なので、絶対にこのアングルじゃなきゃ!というこだわりがなければ、露店で食べ物を買ったりしてから来ても大丈夫そうです。

汐入公園のスポット別混雑状況は?

上記で紹介した川沿いの土手の所は、花火を遮るものがなく非常によく見えることから、例年人気があります。

ですので、昼過ぎからはちらほら人が集まり始め、17時前には埋まってしまうとのこと。

とは言っても、場所が取れればシートの上に座ってゆっくり見ることができるし、歩きながら見るしかない会場付近の橋の上などと比べればとてもまったりした空気が流れています。

また、花火会場からさらに離れたところに位置している

■ふれあい広場
■展望広場
■芝生広場

このあたりは17時頃に行っても、どこかしら空いているのでのんびり見ることができます。

露店・屋台の食べ物を楽しみながらお祭り気分を味わいたい!というのなら、最寄駅である南千住駅から歩いてくれば、コンビニやスーパーでも店頭販売をしていたりオードブルや軽食が多くあるので、買いながら来るのが良さそうです。

要注意!バーベキュー場は花火が見えない!

汐入公園のバーベキュー場が穴場として紹介されていることがありますが、バーベキュー場からは花火が見えません。

土手から離れたところにあり、しかも土地が少し低くなっています。
さらに、花火が上がる方向には建物があるという…。

ですので、花火大会開始前に公園に行くなら、バーベキュー場以外で待機しましょう。

隅田川花火大会を楽しめる穴場公園はこちらも。

隅田川花火大会は大横川親水公園から見える!場所取りするならオススメの所は?
隅田川花火大会は大横川親水公園から見えるのか!?場所取りしてもいざ花火が始まったら見えなかった…なんてことのないように、どの場所がいいのかオススメをご紹介します!

>>【関連記事】隅田川花火大会は大横川親水公園から見える!場所取りするならオススメの所は?
>>【関連記事】隅田川花火大会は大横川親水公園から本当に見える?AR写真で検証!
>>【関連記事】隅田川花火大会に車で行く人必見!狙い目の駐車場を教えます。
>>【関連記事】隅田川花火大会2018の有料席予約が開始!急いで申し込もう!
>>【関連記事】隅田川花火大会のスカイツリー&花やしき予約抽選チケットの申込方法

まとめ

隅田川花火大会には例年たくさんの人が訪れます。

スカイツリーが出来てからは、花火会場から遠くてもスカイツリーとのコラボレーションを楽しめるとあって益々色々な場所から楽しむことができるようになりました。

花火会場付近から見るダイナミックな花火も楽しいですが、少し遠くから花火の美しさを楽しむのも風流ですよ。

今年はぜひ、汐入公園から隅田川花火大会を楽しんでみては。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする