2歳の子供の肺炎入院体験記。当時の症状と退院までの期間は?

こんにちは、ひなたです。

保育園児のうちの息子が2歳になってすぐに、細菌性肺炎で入院しました。

2歳の子供の肺炎入院体験記。当時の症状と退院までの期間は?

病院に行ったその日に

「結構ひどいのでこのまま入院しましょう」

と言われて帰れなくなったんです。
その日は特に軽装で来ていて、替えのオムツすら持ってきていなかったのでマジで焦りました。笑

この体験談がお役にたてるかと思ったので、詳しくお伝えしますね。

スポンサーリンク

2歳の子供が肺炎で入院!?咳がいつもと違う時は要注意

息子はそれまで幾度も体調を崩したり色んな病気に感染したりしてましたが、入院は初めてでした。

そもそもなぜ肺炎になったのか!?

実は息子は、その前にインフルエンザにかかっていました。

その時から咳が出ていたのですが、インフルエンザが治ってからも咳が止まりませんでした。
熱が下がり、しばらくお休みをしたのち、医者から登園許可が出たので登園させることに。
そのときが金曜日。

土日は休みだったので、金曜日も休んでもよかったのですが、久々の保育園だしまずは一日慣らせばいいかな~と行かせたんです。

そうしたら、保育園から帰ってきた金曜日の夜からまた熱が上がり始めました。
その夜は38度過ぎるくらいまで。
翌日も37度~38度台をうろうろ…。
そして咳がなんかゴロゴロ、ゼーゼーしているような感じでした。

そこで私は「おかしい!」と思ったんです。

肺炎の症状で、熱が下がらない咳が続く、という事があります。

これに該当するんじゃないかと、疑い始めました。

咳がいつもと違う時は要注意

いつも子どもを見ている母親の直感を侮ってはいけません。
やっぱり、「なんかいつもと違うな〜」ってのはあります。

肺炎を疑う時の症状としては

■高熱
■3日以上熱が下がらない
■咳が長引いている
■夜も眠れないほどの咳
■息苦しそう
■顔色が悪い
■風邪が全然治らない

などがあります。

ですが、うちの息子のように一旦熱が下がってまたぶり返したり、マイコプラズマ肺炎のような熱が出なかったりする場合もあります。

私が「これは怪しい!肺炎かも!!」と思った決め手は

■熱が下がったのにぶり返した
■いつもと違う変な咳(たんが絡んでいてきれないような)
■呼吸の時も胸からゴロゴロ、ゼーゼーというような音がする

というところでした。

いつもと違う、なんか調子が悪そう、と思ったら受診することが大切です。

肺炎を疑う時に行くべき病院は

いつも行っているかかりつけの小児科や内科があると、まずそこに行きますよね。
私もはじめは小児科に行こうとしていました。

ですが、私としては「息子の症状は肺炎だという説が濃厚」と勝手に思っていたので、もし小児科で肺炎かもねってなったとしてもレントゲンがありません。

肺炎の診断では血液検査レントゲンがあります。
なので結局総合病院に行くことになるなら、過去に行ったことのある総合病院の小児科に直接行こう!と思ってそちらにしました。

子どもが総合病院の小児科に行ったことがあるなら、直接総合病院に行った方が早いと思います。

私が行った総合病院にはレントゲンもありましたし、入院施設もあったので、結局そのまま入院になりました。

退院までの期間はどのくらい?

息子は「細菌性肺炎」でした。
当時の酸素濃度は97くらいでしたが、それでもレントゲンで見ると肺が結構白いということで

割と重症

となり、入院が決定しました。

もうちょっと軽ければ自宅安静で投薬で済んだらしいのですが。
でもやはり、入院して抗生物質を点滴した方がしっかり早く治るとのことでした。

スポンサーリンク

入院期間は5日間。

月曜日に入院が決定し、家に帰れたのは土曜日でした。
ということで入院していたのは5日間です。

看護師さんに聞いてみても、一週間が平均的だということでした。
治りが悪かったり、すごく重症の状態だったとしても、2週間くらいだそうです。

ただし、退院後も一週間は自宅安静で、薬を処方されていました。

なので、保育園は肺炎でトータル2週間休んでいますし、息子に限ってはその前のインフルエンザもあったので相当休んでいます。

その月は私も3日くらいしか出勤してなかったですし。泣

年初めだったのにそこで有休使い果たしましたし。大泣

親は付き添いで入院

これは、安心だったけれど大変でした。
入院する病院によって、付き添いの必要な年齢が変わるみたいです。

息子が入院した病院は、4〜5歳だったら親は泊まらないそうなのですが、2歳では親も一緒に泊まってくださいと言われました。

ですが、小児入院病棟だったため大人用のシャワー室はないとのこと。

というわけで、日中旦那や両親に病院に来てもらって、その間に私は自宅へ帰り入浴を済ませるといった生活をしていました。

細菌性肺炎に限らずかもですが、入院してもしばらくは子どもが病室から出られない場合があります。
やはり院内感染を防ぐためですね。

うちの子も結局4日目までは病室から出られなかったので、個室ではありましたが部屋のなかで暇つぶしをしなければならず、それが大変でした。

しかも毎日保育園で相当運動をしていたため、いきなり寝たきり生活になったら体力が有り余り、夜も眠れず何度も起きていました。
お昼寝も細切れで、結局私は相当寝不足になりましたね。。

子供が肺炎で入院して最終的にかかった治療費

私の住む市では、子供の医療費はかかりません。
ですが、個室使用代、付き添いの親のシーツや布団レンタル代、テレビ使用代、食事代など合わせて30000円ほどかかりました。

これは入院する病院によるとは思いますが、口コミや体験談などを調べてみても一週間の入院だと大体20000〜50000円くらいみたいですね。

こういうとき、医療保険に入っていると良いですよね。
残念なことにうちは息子の医療保険をちょうど考えていたところではありましたが、加入はしていませんでした…。とほほ。

そしてうちはこれ以外に雑費が結構かかってます。
こういう時って、惜しげもなくお金使っちゃうんですよ…。

その他の雑費が結構かかった話

まず、付き添いの親の食事は出ませんでした。
そのため、私の食事は病院の売店で買ったり、旦那にマクドナルドで買ってきてもらったり…。
ジャンキーなものが食べたくなるんですよ〜ほんと!

で、旦那は仕事を終えた後、基本毎日、病院に直行で来てくれていました。
心配性なのでね。。
そして面会時間ギリギリまで居た後、自宅に帰り、途中で買った夕飯を食べていたそうです。

なので無駄に食費がかかってます。

あとは入院中の暇つぶし、気晴らしのために

パパがおもちゃをたくさん買ってきて…。

もちろん息子は大喜びでベッドの上で遊んでいましたし、退院してからも今でも遊んでいるおもちゃもあります。
私も助けられた部分が大きいので別によいのですが。

ちなみに入院中の暇つぶし方法についてはこちら。

子供が入院中の暇つぶしアイデア!大人とor一人で遊べるアイテム10選
入院中ってほんっと時間が過ぎるのが遅いですよね。私の息子も2歳になったばかりの時に肺炎で約1週間ほど入院をしました。なので、その時の経験や看護師さんから聞いたお話を踏まえて、子どもの入院中の暇つぶし方法をご紹介します。

その他、ウェットティッシュとかマスクとかオムツとか、なんか必要になってちょこちょこ買ったりしていました。

なんやかんやでこの5日間で20000円くらい吹っ飛んでます。

まとめ

子供が入院となると、親も焦ってしまいますよね。
大抵そういう時ってそのまま入院になるので、超軽装で来ていたりするとほんと焦ります。

でも入院した方が、何かあってもすぐ看護師さんを呼べるし、心配なことは相談できるし、心強いですよ。
以外と自宅安静で一週間より、聞きたいことをすぐに看護師さんに聞けてよかったと思ってます。

ただ、子どもは慣れない場所での生活で不安や疲れもたまりますし、点滴もつけっぱなしなので傷が結構痛そうなくらいになります。

親である私たちがどーんと構えて、子どもが不安にならないように支えてあげましょう。
入院した方が早く治るので安心して大丈夫ですよ!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする