ディズニー夏休み最終日の混雑予想【体験談】狙い目なのはまさかのあの日!?

こんにちは、ひなたです。

夏休みこそディズニーランドやディズニーシーに行きたいっ!
という方は多いと思います。

遠方の方は特に、こういった長期連休でなければ来れなかったりもしますよね。

でも、夏休みってみんなが休みなだけあって、混むんですよ。
じゃあその夏休みの中で、少しでも空いてる日ってないの!?

あるあるですね〜。

ディズニー夏休み最終日の混雑予想【体験談】狙い目なのはまさかのあの日!?

夏休みの中でも、ディズニーリゾートの混雑には多少の波があります。

そして、世間的に有名なトリビアとして夏休み最終日が空いているって話がありますが、実際はどうなのでしょう。

私がここ数年で感じていることと実際の体験談をもとに、真否をお伝えします!

スポンサーリンク

夏休みのディズニー混雑予想

8月はディズニーランド、ディズニーシーともに混みます。

ですが、10年位前はなんかすごい混んでいたイメージがあるのですが、ここ数年はこんなもんか〜?という印象です。
非常に行きなれた人であれば、ハロウィンに比べたらこんなのまだまだ!という感じだと思います。

それでも、遠方から来る方にとってはパーク内の地理にも慣れない状態での混雑はつらいもの。

8月のディズニーリゾートはどのくらい混む?

そこで、今年2018年のディズニーランド、ディズニーシーそれぞれのだいたいの混雑予想カレンダーを作ってみました。

黄色はやや混雑、赤は混雑、茶色はヤバイ混雑です。

ディズニーランド2018年8月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 9/1

混雑の目安
・黄色 〜4万人(慣れていると普通)
・赤色 〜5万人(慣れていないとつらい)
・茶色 〜6万人(慣れていないとかなりつらい)

ディズニーシー2018年8月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 9/1

混雑の目安
・黄色 ~3万人(慣れていると普通)
・赤色 ~3万6千人(慣れていないとつらい)
・茶色 ~4万3千人(慣れていないとかなりつらい)

これを見て分かる通り、8月に非常に混むのはやはりお盆です。
お盆しか行けないのであれば、もう覚悟して行くしかありません。

お盆でも、例年はディズニーランドよりディズニーシーの方が若干空いています。
やはりアトラクションやパークの雰囲気からも、人数の多い家族連れはランドに流れる傾向があるためです。

また、上記カレンダーの黄色表示の日ですが、慣れていると普通に感じる「やや混雑」といってもどのくらいの混雑なのかということですが。

2月の超閑散期からハロウィン時期の大混雑までで比べると、「通常の土日くらいの混雑」といった感じでしょうか。

アトラクションはそれなりに並びますが、パーク内はそこまでおしくらまんじゅうではないです。

8月ディズニーの混雑には特徴がある

ディズニーリゾートは夕方くらいから小さい子ども連れのファミリーが帰り始め、20時前後の花火が終わると一気にゲストが減り、閉園間近ではガラガラ、という流れが多いのですが…

夏は夜まで混んでいます。

夏休みということもあり、遠方からホテルを予約して来ている方が増えるため、夜の混雑もなかなかひきません。

また、夜の方がすごしやすい気温になるので、日中はレストランやおみやげ屋さんで時間を潰して、夜は遊ぼう!という考えの人が多く、意外と夜でもゲストが多いな〜という印象です。

スポンサーリンク

ディズニー夏休み最終日の混雑状況は?

さて、問題の夏休み最終日、8/31ですが、例年は確かに若干ゲストは少ないかな?という程度で、混んでいないわけではありません。

アトラクションに関してはそれこそお盆ほどではないですが、それなりに待ちますし、まあ気持ち落ち着いているかな…くらいだと思っていた方が良いです。

今年の夏休み最終日はどのくらいの混雑?

ただですね、今年2018年はなんと8月31日が金曜日なんです。

そのため夏休み最終日は実質9月2日(日)ということになります。

夏限定のショー、ディズニーランドの「ディズニー夏祭り」、ディズニーシーの「ディズニー・パイレーツ・サマー」も9月2日(日)が最終日となっています。

例年、この夏のイベントの最終日にはショーの撮影をする常連さんも多く、ショーに関してはかなり混雑しています。

いい場所はかなり早い段階(それこそオープン直後)で場所取りされているので、ショーを楽しみたいのであれば少し日をずらした方がよいでしょう。

上記の混雑予想カレンダーでは31日の金曜まではそこそこ混雑、9月1日の土曜にまた増えるという予想をしています。

ですが、これは例年の混雑状況からの予想なので、今年2018年の8月31日は例年よりも混雑すると思われます。

子ども連れの夏休み最終日は注意!

今年2018年は、なんとディズニーランドのキッズのオアシス「イッツ・ア・スモールワールド」がリニューアルしました!

これにより、今までは15〜30分待ちだったイッツアスモールワールド(略してスモワ)が、混雑する人気アトラクションの仲間入りをしてしまったんです。今までが人気なかったとは言ってないぞ。

ファストパス対応になってしまったということもあり、子供や赤ちゃん連れファミリーの避難場所だったのが、並ばなければいけなくなりました。

ただ、ファストパスも一時措置ということですし、スモワは回転が早いアトラクションなので60分待ち以上っていうのはなかなかないみたいではありますが…。

ファストパス発券に関しても、スモワのファストパス発券機はプーさんのハニーハント(略してハニハン)と同じ場所で同じ発券機を使用していますが、

開園直後はハニハンのみの発券で、10時半からスモワのファストパス発券が開始されたという日もあるため、実はそこまで混雑はしない可能性もあります。

とはいえ、日中の日差しが強い時間帯はやはり屋内に逃げ込む人が多くなるため、それなりの混雑は覚悟しましょう。

また、おすわりができれば赤ちゃんからでも乗れる「ホーンテッドマンション」ですが、8/20〜8/31の間で休止になります。

これは例年、クリスマスに向けた改装が行われるからですね。

ホーンテッドマンションはファストパス対応のアトラクションということもあり、休止になるとかなりの数のゲストが他のアトラクションに流れ込みます。

そしてディズニーシーの場合。

こちらでもキッズが楽しめるアトラクションとして有名なマジックランプシアター8/30〜9/21まで休止になります。

ですが、去年の2017年はシンドバッドとマーメイドラグーンシアターが8/31に休止中となっていたので、ちょっとずらしたんでしょうね。

マジックランプシアターだけならそこまで痛手でもないです。

夏休み最終日にはキッズ向け、なおかつ暑さをしのぐ休憩場所的アトラクションがいくつか休止になるので、気をつけましょう。

狙い目はこの日だ!

以上のことから、2018年の狙い目は

9月8日、9日

です。

いや、もう夏休みじゃねーじゃん…。
なんて言わないで☆

本当は、9/3とか平日に行きたいわけですよ。
この日は空いてます。

でも、9/3だともう学校だし会社だし。

夏休みに行きたいと考えている人は、普段の平日に行けないから夏休みに行くんですよね。
そしたら、夏休みでなくても、土日なら行けるという人は多いのではないかと!

例年9月の初めの土日は、比較的空いているんです。(今年は夏休みにつながっちゃってるんで9月8、9日ですが)

それはなぜかというと

夏のイベントが8/31で終了する

からです。
(2018年の場合は9/2で終了)

ディズニーランドもシーも、基本的に夏のイベントは8/31で終了します。
そして次のハロウィンイベントが始まるのが9月の二週目の土日あたりから。(2018年は9/11から)

これは毎年そうなんですね。

そのため、9月の初めはイベントが何もなく、ゲストが少ない傾向にあります。
特にイベントがなくてもアトラクションやパークの雰囲気が楽しめれば十分!ということであれば、穴場的な期間です。

大々的なイベントはありませんが、ハロウィンのグッズは販売が始まっていますので、逆にグッズを先取りしたいという方もこの時期に行くのが狙い目です。

まとめ

せっかくディズニーリゾートに行くなら少しでも空いている日を狙いたいですよね。

ゲストがたくさんいて盛り上がっている中で一緒にはしゃぐのも楽しいことは楽しいですが、アトラクションやレストランなどは少しでも並ぶ時間を短くしたいもの。

ディズニーリゾートでの一番の目的をはっきりさせて、納得できる日に行ければ良いですね。

ぜひ、今年の夏休みの計画を立てるときの参考にしてください♪

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする