父の日の義父へのプレゼントにはサプライズを。孫とお揃いが最強!?

こんにちは、ひなたです。

今年もやってまいりました、父の日。
嫁の立場として義理父にプレゼントを選ぶのって、なかなか難しいですよね。

普段あんまり接点がないために趣味や好みもよく知らないし…
おまけに義父の息子である旦那に相談しても「何でも大丈夫だよ~」なんて他人事。。

あるあるですね~。

父の日の義父へのプレゼントにはサプライズで孫とお揃い

毎年あげていると段々ネタも尽きてくるもの。
そこで今年はちょこっとサプライズをプラスしてみませんか?

気を使いがちな義父へのプレゼントだからこそ、堅くなりすぎないプレゼントの仕方で感謝の気持ちを伝えましょう。

スポンサーリンク

父の日の義父へのプレゼントにはサプライズをプラス

義父へのプレゼント選びで悩んでしまう理由は、趣味や好みがわからず、何をあげたら喜んでもらえるのかが分からないからですよね。

しかも付き合いが長くなると毎年何かしらあげていて、もう新鮮なネタがない!って事にもなっているかと思います。

かといっていきなり今年から父の日の贈り物をやめるわけにもいかないし…。
去年よりグレードの低いものをあげるわけにもいかないし…。

……。

と、義父へのプレゼント選びは年々ハードルが高くなっていくのです。
わかるわぁ~。(しみじみ)

そこで今年は脱マンネリのプレゼントとして、孫との”つながり”を感じるプレゼントはいかがでしょうか。
父の日なので、あくまでも私たちの立場で「父への感謝の気持ちを込めたプレゼント」という位置づけです。

※「孫からおじいちゃんに」だと敬老の日??ってことになりかねませんのでご注意を。

私がおすすめする孫とのつながりを感じられるアイテムは、さりげなく孫とおそろいのものです。

でもこれは、最初からオープンにしておくわけではなく、サプライズ情報として

「実はこの子(孫)とおそろいなんだよ~」って後出し

するのがよいかと。

例えば父の日のプレゼントを持参した場合は、孫にはすでにそのアイテムを身につけさせておきましょう。
義父にプレゼントを渡し、開けてみたところで「実は~」のプチサプライズ攻撃です。
仮にプレゼントしたものがそこまで義父の心に響かなかったとしても(涙)、孫とおそろいと聞いた途端、とっても喜んでくれるはず。

どうしても持参できなくて郵送する場合でも、受け取ったであろう日の夜あたりに、孫がおそろいアイテムを身に着けている写真をメールかラインで送ってあげましょう。

この孫とおそろいプチサプライズ作戦は、結構義母の反応の方がよいかもしれません。

父の日の義父へのプレゼントは「孫とお揃い」が最強!

おじいちゃんが孫とおそろいのアイテムを身に着けているのって、すごい微笑ましいですよね。
では一体どんなものがあるのか、ご紹介します。

靴下

これはプレゼントもしやすく、さりげないお揃い感が可愛らしいです。
靴下って別にそんなに好みが影響するものではないですし、穴があいちゃったりして割と消耗品でもあるので、もらった方もそれなりに便利だと思います。

帽子

ハンチングやキャップはおじいちゃん世代でも被っている方が多いですよね。
帽子をよく被っている方であれば、割とどんな帽子でも被りこなせるので大丈夫です。

甚平

夏は部屋着で甚平を着る方も多いかと思います。子どももお家だけでなく、夏祭りや花火大会にも着ていけますね。
部屋着としての着用が主かと思うので、お揃いでも恥ずかしくないですし、パジャマ代わりに使っている方だったらヘビロテしてくれることでしょう。

ポロシャツ

義父へのプレゼントとしてポロシャツを選ぶ方も多いようです。特にラルフローレンやポロはサイズが豊富なのでお揃いで選びやすいですね。胸元のワンポイントだけならおじいちゃん世代でも違和感なく着用できますし、ワンポイントも気にしそうだったら布地と同系色の糸で刺繍がしてあるものを選べばよいです。

個人的に良い!と思ったのは、このネイビーならおじいちゃん世代でも着られるし、女の子用のカバーオールでもこんなワンピース風のデザインだとかわいいですよね。
これでお揃いって言われたら、私の父だったらヤバいです。喜びで発狂しますよ。笑

ステテコ

最近、おしゃれなステテコが流行っていますよね。うちも、夏は家族みんなでパジャマ代わりにステテコを履いています。ステテコも基本的にはそのまま外に履いていくことがないと思うので、ちょっと目立つような柄でお揃いにしても、家の中だけなら恥ずかしくなくオススメです。

まとめ

父の日の義父へのプチサプライズプレゼントアイデア、いかがでしたでしょうか。

あまり会う機会のない義父でも、孫を通じて少しでも親睦を深めるきっかけになれば嬉しいですよね。

ですが、くれぐれも実父にも同じプレゼントをあげることのないようにご注意ください。
うっかり、実父と義父と孫のおそろいになってしまったなんて事態は避けてくださいね。笑

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする