【VAPE】V2 Rig MODレビュー|ハイブリッド接続と個人輸入の話を。

こんにちは、ひなたです。

主人からまたもVapeレビューが届きました。

非常に使いやすくお気に入りだそうです。

【VAPE】V2 Rig MODレビュー|ハイブリッド接続と個人輸入の話を。

紹介するのは

V2 Rig MOD/  Vaping American Made Products
Petri RDA V1.5 / Dotmod

を使用したセットアップです。
(以下、30代サラリーマンの主人より)

スポンサーリンク

V2 Rig MODレビュー

僕のメインを紹介します。
気兼ねなく使えるフルUSAのメカニカルセットアップです。

V2 Rig MOD/Vaping American Made Products

一世代前のセットですが、個人的にお気に入りです。

V2 Rig MOD/Vaping American Made Products

フルカッパーのMade in MERICA Tubeです。
現行モデルより一つ前のV2モデルです。

V2 Rig MOD_2/Vaping American Made Products

カッパーは好みが分かれる素材です。
ピカピカに磨いても使用すれば1日でくすんできます。

その“くすむ”色も素敵なのですが、ピカピカもイイものです。

お手入れはお手軽なクロスタイプがオススメ。
僕はこれを使っています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

SK11(エスケー11) ポリマール 銅・真鍮みがき クロス 1枚入り 125x…
価格:560円(税込、送料別) (2017/5/22時点)

V2 Rig MODスイッチ

スイッチはマグネットではなくスプリングです。
マグネット特有のメンテナンス中に“割れる”心配もありません。

V2 Rig にロック機構はありません。
しかしスイッチがとても重く、ミスファイヤーの可能性は限りなく低いと思われます。

ボトムスイッチはブラックへ交換済みです。

V2 Rigは24mm径ですが、残念ながら24mmのアトマイザーは乗りません。
今では数少ない22mmのアトマイザーが主流となります。

VAPEのハイブリッド接続を知っておく

またV2 Rigはハイブリッド接続という、誰もが気軽に手を出していいものではありません。
バッテリーチョイスから取り扱いまで、細心の注意を払う危険なModです。

しかし“知識と理解”で安全に扱う事ができます。
是非ハイブリッドMod取り扱いのVapeShopに足を運んでレクチャーを受けてください。

インターネットの知識だけでは大変危険です。
指や顎がブッ飛んでからでは遅いのです。

Petri RDA V1.5 / Dotmod

コチラも今やオールドスクールに分類されるRDAです。
日本では全く人気がありませんが、個人的に憧れのRDAでした。
国内ショップで取り扱っている店を見た事がありません。

単純な2ポールに調整不可能な両サイドエアホール。目立った特徴はありません。

…しかし美味いんですよ。美しいんですよ。漏れません。
ヘビーデューティーなクラプトンが全てじゃないと再認識させてくれます。

安価なクローンは日本国内でも多数出回っておりますが、オーセンティックは質が全く違います。

Nolli Wood Drip Tips

Nolli Wood Drip Tips

DISTRICT F5VEのCupcake(22mm)が欲しかったのですが、送料が高いため諦めてそれっきりでした。
ちなみに配送国に日本がありませんが、ニコチンリキッド以外なら送ってくれるそうです。

Nolli Wood Drip TipsはAmerican vapeにて購入しました。

>>American vapeのサイトはこちら

マニアックなUSパーツを取り扱ってくれる店でお気に入りです。

しかしスタビウッドに亀裂が入っており、案の定すぐに割れました。

薄いスタビウッドの筒が挟み込まれている造りです。
割れても不思議ではありません。

実は同時に購入したGoon Capにも大きな傷が入っており、こちらは交換してもらいました。
翌日に交換品が到着し、その場で佐川急便に返品という流れでした。

結局フルカッパーキャップになってしまいましたが、悪くないので結果オーライです。

スポンサーリンク

vapeの輸入は気軽にできるけど。

Paypalの普及により、今や誰でも簡単&安全に海外から購入できる時代です。
言葉巧みに『弊社取引先』『正規代理店』と本国の倍額以上で売っているお店で全て買う必要はありません。

輸入もVapeの楽しみの一つではないでしょうか。

ですが、商品トラブルも自己責任です。

僕は当時BMI V2R1 STEALTHをプレオーダーで個人輸入したところ、あり得ない粗悪品が到着しました。
510スレッドの不良、致命的なマグネットの浮き、QCのサインはありましたが…(笑)

結果的にメールでのやり取りで解決しました。
その時は、BMI V2R1 STEALTHの無償修理とBMI Goldie RDA、BMI Cap、Ultimate Choco Milkのオマケを頂きました。

今となっては海外への発送のコツも勉強になりましたけどね。

もちろんお気に入りのお店で購入するのもオススメです。
僕もお店で触って気に行ったものはお店で購入します。

V2 Rigも実店舗で触らしてもらい、気に入ってその場でオーダーしました。
お店の方とVapeの話をするのはやっぱり楽しいものです。

しかしVapeがこんなに普及するとは思いもしませんでした。
Vapeの入口が広くなり、禁煙したいと思った方が気軽にVapeを買える時代です(Vape=禁煙具は今やグレーですが…)。

そして喫煙者より迷惑なVaperも増えてきました。
今後、日本でのVapeはどうなっていくのか…心配です。

まとめ

世界では、本当に様々な種類のVapeグッズが続々と作られており、Vapeの始め方も多種多様になってきています。

その中でもV2 Rigは取り扱いには十分な注意が必要ですが、通電性の面からしても非常に魅力的な仕様だと思います。

今は個人輸入の敷居も低くなり、比較的簡単にVapeが手に入る時代。
だからこそ、正しい知識を持つことが必要です。

安全にVapeを楽しむこと、それが第一だと僕は考えます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 雷神 より:

    参考になりました、中々こういったないようの記事がないので助かります、直営店でも粗悪品もあるんですね、ペイパル使えればいいんですが、使えないところもおおいので、送料とかも金額とかも怖いです、自分もいつかプレオーダーしてみたいです

  2. ひなた より:

    ご覧いただきありがとうございます。
    海外通販は不良品が届いた時の対応が色々大変(時差があるとメールの返信がなかなか返ってこないなど)ではありますが、やっぱり国内よりも種類も豊富だったり、海外通販でしか購入できないものもあります。
    ぜひぜひ、トライしてみてください^^