母の日当日でも間に合う方法!もしくは翌日か父の日と一緒でもOKなの?

こんにちは、ひなたです。

春は新学期、新しい年度のはじまりなどで忙しく、ドタバタと休む暇もない日々を過ごしがちです。
そんなこんなで気がついたらあれ…今日母の日じゃん…。

あるあるですね〜。

母の日当日でも間に合う方法!もしくは翌日か父の日と一緒でもOKなの?

今日が母の日でも大丈夫。当日中に間に合わせる方法はあります!

もし間に合わなくても、お母さんを悲しませない秘策がありますのでご安心を♪

スポンサーリンク

母の日当日にまだ間に合う驚きの方法

母の日を忘れていて、当日に気付いた!どうしよう!なんて時。
安心してください、方法はあります。

当日中に間に合わせる神サービス

当日でも間に合う、お花の配送サービスがあります。

当日お届け可能!
母の日や誕生日のお花は【花キューピット】へ

前日の夜や当日の朝に気がついた場合は、急いで注文すれば間に合いますよ!

とにかく母の日の当日中に贈りたい!という方には便利なサービスですね。

当日配達ゆうパックを利用せよ

母の日当日、贈り先の住所が近い場合はもちろん自分で届けちゃえばいいんですが、予定があったりしてそんな時間も取れない!ってこともあります。

そこでおすすめしたいサービスが「当日配達ゆうパック」なるもの。

これ、郵便局に勤めている友人に聞いて知りましたの私。

”当日配達ゆうパック”とは

概ね、午前中の差し出しで、当日にお届け!
ゆうパックの基本運賃のみでご利用いただけます。
料金の別納(料金計器別納を含みます。)、後納も利用可能です。
また、有料のオプションサービスとして、セキュリティサービス、保冷(冷蔵)、代金引換がご利用いただけます。

引用/日本郵便

とのことで、午前中に差し出せば、その日のうちに届けてくれるんです。
すごいですよね!!

スポンサーリンク

ただし、対象のエリアが決まっています。
東京、大阪は結構広い範囲で届けてくれるようですが、他の地域は配達担当エリアが決まっており、エリア内であれば届けてくれるとのこと。

引受時刻、配達エリアなどは最寄の郵便局に確認した方が良いです。

ちなみに、郵便局の開いている時間に行くことができないあなた!
少し大きな郵便局だったら、「ゆうゆう窓口」という時間外でも受付をしてくれる窓口があります。
朝早くでも荷物を送る手続きができるので、時間がない人はゆうゆう窓口の利用が便利です。

電報は抑えの切り札

NTT東日本の電報サービス「D-MAIL」19時までに注文すれば全国当日配達が可能です。
すごいですよね、電報って。

ただしやはり、入学式、卒業式などの電報が一時的に集中する日は、指定の配達が出来ない可能性があるとアナウンスされています。

となると、母の日当日も駆け込み需要がありそうです。

ギリギリ19時ではなく、気付いたらできるだけ早く申し込みをしましょう。

電話で頼まなくても今はネットで注文ができるので非常に手軽で便利です。

NTT東日本 D-MAIL

母の日の翌日なら結構間に合う

楽天市場のサービスで「あす楽」というものがあります。
大抵は昼頃までの注文が対象になりますが、最短の当日発送、翌日配達をしてくれるサービスです。

こちらは楽天会員でなくても注文できますし、翌日でよければ商品も豊富にある中から選べます。

ちなみに日曜でも営業しているあす楽対応のお店ありました!
LOBELIA・プリザーブ専門店

もし、母の日を忘れていたことをお母さんにバレたくない場合は

母の日当日配達が混んでいて指定できなかったよテヘペロ作戦

で行きましょう。

当日中に電話やメールやラインで一報入れておくとより事実っぽく見えます。笑

あくまでも母の日当日の指定ができなくて残念、な雰囲気を醸し出しましょう。

母の日と父の日を一緒に祝ってしまえ!

母の日からだいぶ日にちが経ってしまった…。
そんなときはもう父の日と合わせて、ペアグッズや二人で使えるもの、楽しめるものをプレゼントするのもアリです。

ただし、これはお母さんの性格にもよるところがあるので、見極めが肝心です。

両親の仲が良く、ラブラブな場合はこういったプレゼントの渡し方の方が喜ばれたりもします。

ただし気を付けたいのは、母の日と父の日を一緒にするならば、父の日まで待たずに早めに渡すようにしましょうね。

まとめ

やろうと思えば当日中に間に合わせることが可能です。
でも、当日じゃなければ母の日の意味がないのかと言うと、そんなことはありません。

母の日は、お母さんに日頃の感謝を伝えるきっかけにしか過ぎません。
たとえ間に合わなくても、年に一度くらいはちゃんと、お母さんには感謝の気持ちを伝えたいですね。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする